スポンサーサイト
[PR]

妹の日のお仕置き

9月6日は、妹の日。

みゆは、姉がいない頃合いを見計らい、‪“勝手に”‬化粧品をいじりだす。
最近、おしゃれに目覚め、“こっそり”と姉の化粧品を使うのが、日課になっていた。

ただ、焦りからか手が滑り、姉が大事にしていた“化粧水の瓶“を割ってしまう。


“あわあわ”としていると、姉が帰宅する。

帰宅した姉へ、“涙目”で正直に事情を話すと、焦った様子で怪我がないかを心配される。

幸い、怪我はなく、安心すると、
手際よく、ガラスの破片を掃除する。

掃除が終わると、化粧品を“勝手に”いじった妹にお仕置きを言い渡す。


‪姉のお膝の上に連行され、お尻を丸出しにさせられる。‬
‪そして、「反省するまで“ペンペン”するからね。」と、お尻を力強く叩かれてしまう。‬

‪途中で泣いてしまうが、姉の平手は止まらない。‬
‪「もう、勝手に化粧品はいじりませんっ!」と、約束したところで、ようやく膝から下ろされる。‬


‪姉に力強く“抱きしめ”られ、真っ赤なお尻をさすられる。‬

‪「しばらく、そこで反省してなさい。」‬
‪と、“お立たせ”を命じると、姉は“お尻を冷やす準備”をするため、部屋から出て行く。‬

‪ただ、お立たせ中、みゆの視線の先には、“綺麗な化粧品”が憧れの眼差しで映り込むのだった…。‬

Twitterのツイートへ移動します

靴の日のお仕置き

9月2日は靴の日。

あきは、新しい靴が欲しくなって、母におねだりをする。
ただ、“以前にも”すでに靴を買っているため、母は渋ってしまう。

あきが納得せず、駄々をこねるため「絶対にあきずに履くこと」を条件に、新しい靴を購入する。


後日、母は下駄箱を見ると、買った靴は履かれるどころか、“箱から出した”形跡すらないことに気づく。

母は怒り、あきを問い詰めるが、「やっぱり別の靴がいい。」とわがままを言い出してしまう。


堪忍袋の尾が切れた母は、あきをテーブルの上に腹ばいにして、ズボンとパンツを膝まで降ろす。

そして、“箱に入っていた靴”を手に取り、小さなお尻めがけて、腕を振り下ろす。

100発ほど叩いた後、あきのお尻は真っ赤に腫れ上がり、所々に“靴型”の模様が浮かんでいた。


‪「わがまま言わず靴を履く」ことを約束させると、
‪“新品の靴”を履かせられ、玄関でお立たせを命じられる。‬

‪“じんじん”とするお尻と、履きなれぬ靴の感覚で、何度も姿勢を崩しそうになる。‬
‪ただ、隣に“靴べら”を持った母が待機しているため、しばらく、あきの“この苦痛”は続くのであった…。‬

Twitterのツイートへ移動します